子供の受け口を矯正する

子供の受け口を矯正する

子供にとって、噛み合わせが不自然かどうかは自分で判断することは困難といえます。
だからこそ、親御さんが積極的に噛み合わせを矯正してあげる必要があるのです。
八王子で人気の矯正治療に定評のある歯医者にも、親子で訪れる患者さんが多いのです。

 

子供の噛み合わせに関する異常、いわゆる不正咬合の中でもよく見受けられるのが受け口というものです。
受け口とは、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている状態を表します。
歯を噛み合わせたとき、下の歯の方が上の歯よりも前に出てしまっているのであれば、それは立派な受け口です。
受け口の要因は遺伝的なものもありますが、
多くの場合不自然な噛み合わせを継続することで、少しずつ下の歯が前に迫り出してしまうのです。
また、口呼吸を続けていることで舌の位置が下がり、下の歯が前に出てくることも少なくないのです。
受け口を放っておくと口呼吸が促進され、口腔内の衛生環境が悪化します。
その結果、虫歯や歯周病などにかかるリスクが大幅に上昇してしまうのです。
矯正歯科では、そんなお子さんのために歯列矯正をしながら顎の形を正常に戻す治療を行っています。
治療の方法としては、マウスピースが一般的です。
通常のマウスピースと違い、歯だけでなく下の位置も補助するものが使われます。
噛み合わせを矯正しながら、舌の位置を少しずつ通常の場所へと戻してあげるのです。
また、上顎を拡大する装置やお口の周りの筋肉をほぐしてあげる補助的なトレーニングも取り入れ、
噛み合わせだけでなく顎の形も矯正していきます。
受け口の矯正には1年から2年ほどの期間を要します。
お子さんにとっては大変長い期間に感じることでしょう。

だからこそ、親御さんのサポートのもとしっかりと矯正治療に臨んでいただきたいのです。


このページの先頭へ戻る