乳歯の反対咬合は早期治療が必要

乳歯の反対咬合は早期治療が必要

現在お子さんを育てている皆さんの中には、お子さんが反対咬合、いわゆる受け口であるという人もいらっしゃると思います。
反対咬合は乳歯が生え変わる時期とともに治ることが多いから、大丈夫だろう。
このような考えをお持ちの方は今すぐ改めましょう。

 

確かに乳歯の反対咬合が永久歯への生え変わりとともに治ってしまうお子さんは一定程度存在します。
しかし、反対咬合を治療することの重要性は、単なるお口の形をなお吸うことだけに留まらないのです。
永久歯への生え変わり段階で反対咬合が治ったとしても、お子さんの噛み合わせまで正常になったかどうかは判断出来ません。
もし外見的には反対咬合が一時的に治ったとしても、
反対咬合を引き起こしていた噛み合わせそのものを正さなければ、またいずれ受け口に戻ってしまうこともあるのです。

 

また、乳歯の生え変わりが終わっても反対咬合が治らないという人も少なからず存在していることを思い出しましょう。
子供の顎や歯は成長段階にあるため、歯列矯正は大人よりも効果が早く現れます。
そのまま成人してしまうまで何の治療も施さないでいると、骨格が固定され不正咬合の改善が非常に難しくなってしまうのです。
顎の骨格も歪んだまま発育すると、顔の形にも悪影響を与えかねないのです。
こうした事態を回避するためにも、不正咬合の矯正は小さいうちにやっておいた方が良いといえます。
お子さんの歯に虫歯などがみつからなくても、定期的に小児歯科で検診を受けてください。
お子さんの歯の健康をチェック出来るだけでなく、不正咬合かどうかも調べてくれるからです。

 

蕨・さくら歯科


このページの先頭へ戻る