治療後のメンテナンス

治療後のメンテナンス

「矯正歯科で、装置などを付けて治療がスタートしたら、
その後のメンテナンスなどはどうするのだろう?」と思っている方もいると思います。

 

そんな方の中には、「メンテナンスって、難しいのだろうか?」と思っている方もいるでしょう。
治療をはじめれば、当然メンテナンスも重要となってきますからね。

 

では、矯正治療中のメンテナンスについてご紹介しましょう。

 

まず、矯正をはじめた際に大切となるのは、
虫歯予防をしていくことが必要となります。

 

そのため、矯正歯科では矯正治療後に歯磨き指導などを行っています。

 

歯科衛生士により、正しい歯の磨き方などを学ぶことで、
自宅でもしっかりと虫歯予防を行うことが出来るでしょう。

 

せっかく矯正治療をはじめたのに、
虫歯が出来てしまっては治療に支障を来してしまいますからね。

 

また、保定期間も終わり、装置などが必要亡くなった場合には、
歯が基の場所に動こうとすることがあります。

 

ほおっておくと、そのまま元の状態に戻ってしまうことになりますから、
治療後にも歯並びを安定させるように気を付ける必要があります。

 

後戻りを避けるためには、医師の指示に従い装置をしっかりと装着していくことが大切となります。
後戻りしてしまえば、せっかくの治療も意味がなくなってしまいますからね。

 

このように、子供の矯正治療を行った際には、治療後のメンテナンスも大切となってきます。
虫歯や口腔ケアなどもしっかりと行い、メンテナンスも欠かさず行う様にしましょう。

 

矯正歯科でのメンテナンスも、しっかりと受けることが必要ですよ。

 

西新宿の歯科ならこちらhttp://www.sa-dental.tokyo.jp/


このページの先頭へ戻る