治療の流れ

治療の流れ

「矯正歯科で、子供の矯正をしたいけれど、
どういった流れで治療を進めていくのだろう?」と思っている方もいると思います。

 

はじめての矯正となると、
「どういった流れで、治療を進めていくのだろう?」と不安を感じている方もいると思います。

 

あらかじめ、どういった流れで治療を進めていくか分かっていれば、
治療に通う際にも安心ですよね。

 

では、子供の矯正治療を行う際には、
どういった流れで治療を進めていくのか、ご紹介しましょう。

 

まず、矯正をはじめる際には、相談や初診からスタートすることになります。
矯正を行う際には、お子さんや親御さんも不安があるでしょうから、
矯正歯科で相談することからはじめると安心。

 

中には、矯正の必要がないと判断されることもありますからね。

 

相談や初診などは、30分から1時間程度となっています。

 

そして、そこから治療計画を立てるために、
レントゲン撮影をしたり、口の中の写真や歯の方どりなどを行っていきます。

 

これらの診察には1時間くらいかかることになります。
これらの診察により、最適な治療計画を立て、提案してくれることになりますから、
この説明を聞いて納得がいけば、治療をはじめることになります。

 

治療をはじめる際には、装置を付けることになりますが、
就学前のお子さんの場合には装置を付けることはありません。

 

装置を付ける際には、数日から数週間からはじめることになり、
その後状態をチェックしながら治療を進めていくことになります。

 

治療後は、1年から2年保定期間となり、
3ヵ月から1年に一度程度でメンテナンスを行っていくことになります。

 

このように、子供の矯正治療を行う際にはこういった流れで進められます。
そして治療を受けるのであれば、大島にある専門的な歯科のように小児科と矯正治療を得意とした医院を選ぶことをおすすめします。
状態によって、矯正歯科によっても進め方は若干変わってくるでしょうから、
治療計画をしっかりと確認していくことが大切ですよ。


このページの先頭へ戻る