お子さんが矯正治療を始めるべき時期

お子さんが矯正治療を始めるべき時期

歯科矯正は、現在から将来にかけてのお口の健康を守るために行うものです。
歯並びが悪いと見た目に美しくないだけではなく、噛み合わせの悪化によって様々なトラブルが起きてしまいます。
歯の隙間が大きいと、口腔内の衛生環境も悪化して虫歯になりやすいのです。
お子さんに歯科矯正手術を受けさせたいけれど、いつ始めたら良いかわからないという人も多いことでしょう。
今回は、そんな皆さんのお悩みにお応えします。
お子さんが歯科矯正を始める時期は、大きく分けて2つです。
1つは、6歳前後の乳歯から永久歯に生え変わる時期です。
この時期に行うのは、顎を広げて新しく生えてくる歯の環境を整えてあげることです。
お子さんの多くは顎が小さく、歯の生えるスペースが足りなくなってしまうことがあります。
矯正歯科では顎を広げる装置を用いて、歯の生えるスペースを確保してあげる治療を行っているのです。
いわゆる受け口と呼ばれる状態も、この段階の治療である程度治すことが出来ます。
永久歯が生え始めたら、いったん装置を外して様子を見ます。
顎の形が広がっていますから、余裕をもって永久歯も成長出来るのです。
歯科矯正の第二段階は、永久歯が全て生えそろったらスタートです。
時間はかかりますが、第一段階を経ていなくてもこの段階から初めて歯科矯正を行っても問題ありません。
生えそろった永久歯と顎は、身体とともに成長期を迎えます。

この時期に矯正器具をお口の中に入れておけば、身体の成長とともに適切な歯並びが自然に手に入るのです。
すでに成長を終えてしまった大人よりも、お子さんの方がより効果的に歯科矯正治療を受けられます。
お子さんをお持ちの方は、ご紹介したようなタイミングで歯科矯正を始めてみてください。

 

 


このページの先頭へ戻る