子供の矯正治療

子供の矯正治療の必要性

お子さんがいる方の中には、
「子供の歯並びが気になっている」「虫歯が出来やすい」という親御さんも多いと思います。

 

しかし、中には「矯正までは、必要ないだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。
明らかに、歯並びが悪い場合には「矯正した方が良いだろう」と判断出来ても、
ちょっとした噛み合わせの悪さであれば素人では判断出来ませんからね。

 

では、子供の矯正治療はどうして必要なのか、ご紹介しましょう。

 

歯並びというと、「見た目のためだろう」と思われる方が多いと思います。
しかし、歯並びというのは見た目だけではなく、発育の妨げをしてしまったり、
健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあるんですよ。

 

まず、歯というのは食事をする時に大切なもの。

 

噛み合わせが悪ければ、発音や運動などにも影響を及ぼしてしまうんですよ。

 

また、歯並びが悪いことで、歯周病を引き起こしてしまったり、
虫歯が起きやすい原因ともなってしまうんですよ。

 

歯並びが良ければ、それだけ歯磨きなども行いやすく、
ケアしやすい状態を維持出来るということ。

 

もちろん、歯並びが良ければ見た目も良くなりますから、
人前で笑うことなども気にならなくなるでしょう。

 

海外では、歯並びが進学や就職に影響することもありますから、
子供の頃から親御さんが気を付けることも大切ということ。

 

このように、子供の矯正治療は必要性が高いものとなります。
六本木で先進の技術を扱う歯科の様に矯正治療において進んだ考え方と技術を持つ歯科を受診しましょう。

 

「見た目のためだけに、高い費用はかけられない」と思っている親御さんも多いと思いますが、
見た目だけの効果ではないということも理解する必要があるでしょう。

矯正のタイミング

「矯正歯科で、子供の矯正をはじめたい」と考えている親御さんもいると思います。

 

お子さんの歯並びというのは、早めに治療をしていくことで、
将来の歯並びなどを整えることが出来ますから、重要ですよね。

 

しかし、矯正を考えている親御さんの中には、
「どういったタイミングで、治療をはじめたら良いのだろう?」と
思っている方も多いのではないでしょうか。

 

では、子供の矯正治療のタイミングについて、ご紹介しましょう。

 

矯正歯科などで治療をはじめる際には、早めに治療をしていくことがおすすめ。

 

「遅くなると、治療が出来なくなるのだろうか?」と思われる方もいると思いますが、
治療が遅いからといって治療が出来ないということではありませんが、
早めに散る様をはじめた方が治療計画なども行いやすくなります。

 

矯正タイミングとしては、就学前や小学校低学年の時期、小学校高学年の時期、
中学生以降といったように、4つのタイミングがあります。

 

就学前というと、「こんなに小さいうちから、装置をつけるのはかわいそう」
と思われる方もいると思いますが、
就学期からの治療の場合には最初から装置を取り付けることはありませんから、
無理をせずに治療をはじめることが出来ますよ。

 

就学期から治療をはじめる場合には、
あごの位置などを正しい位置へ誘導する治療から行うことが出来ますから、
長期間をかけてじっくりと治療に取り組むことが出来るでしょう。
 

 

このように、お子さんの矯正治療は4つの目安タイミングがあります。
早ければ早いほど、治療方法の幅も広がることになりますから、
気になった時には矯正歯科などに相談してみると良いですよ。

更新履歴


このページの先頭へ戻る